周辺スポット

二本松城(霞が城)

東あだたらエリア

二本松城(別名:霞ヶ城)は、寛永20年(1643年)に入部した初代二本松藩主丹羽光重公によって近世城郭として築城されました。十万石の大藩であった二本松は、戊辰戦争では激しい攻防が繰り広げられ、二本松少年隊の戦死などの悲話を残して落城しました。現在はその面影を石垣などにとどめ県立自然公園として整備され、「箕輪門」と呼ばれる門が再建されています。天守閣のあった本丸跡からは安達太良連峰を一望することができ、展望スポットとしてもおすすめです。春には桜が、秋には紅葉と電灯の「二本松の菊人形」が郭内を彩ります。

スポット情報

住所
〒964-0904 福島県二本松市郭内3丁目290
(箕輪門入り口)
公式HP
http://www.nihonmatsu-kanko.jp/?p=672
料金
無料